できるようになる!~心に優しい能力UP法~
Abilt入門書籍発売

Abiltの入門書にあたる本を執筆発売することになりました。

・心に優しい能力UP法
努力、やる気、一生懸命などツラいことはやらずに、自分の心に優しい方法で能力UPするやり方です。

あらゆる学問(心理学、脳科学、行動科学、認知科学、論理学、法学、情報科学、情報工学 etc..)などから、科学的根拠のある方法を抽出してまとめ上げたAbilt理論が元になっています。

本書はガチガチ理論の本ではなく、そうゆう方法もあるんだ~と読み物として楽しんでいただければと思います。

本サイトでは、紙幅の都合で盛り込めなかった追加記事を随時公開していきます。

目次
できるようになる!~心に優しい能力UP法~

できるようになる!目次
◯0章 能力UPの理想と現実
 ▼能力習得の理想と現実
 ▼能力習得法は「最強の◯◯法」である
 ▼能力習得法は誰にも習わない
 ▼能力UPは幸せの積み重ね
◯1章 なぜ習得するまで続かないのか?
 ▼心が疲れる(MPとは?)
  ・MPとは?
  ・よくある失敗をMPで考える
  ・MPとやる気の関係
  ・MPの特徴
  ・MPの特徴1 少ない時はまともに動かなくなる
  ・MPの特徴2 無限ではないが、0にはならない
  ・MPの特徴3 エネルギー(MP)を共有している
 ▼ステージ違い(MPの大量消費)
  ・3つのステージ
  ・「過信」優秀だからこそハマる罠
  ・「誤解」ハードステージの罠
  ・ビジネススキル罠
  ・専門家の罠
  ・「恐怖」毎日、一生懸命、無期限の罠
  ・「妥協」いつでも止められる
 ▼諦めの5段階
  ・「0回行動」始めない。思っただけでやらなかった
  ・「0.5回行動」知っただけ。情報を見ただけでやらなかった
  ・「1回行動」1回でやめる。始めたけど1回だけでやめた
  ・「数回行動」数回でやめる。数回行動したが続かなかった
  ・「習得目前」習得前にやめる。続いたが習得前にやめた
◯2章 心に優しい能力UP方法
 ▼習得公式と3つの習得プロセス
  ・習得=思考*行動*継続
  ・罠と壁をを乗り越える
 ▼基本能力6(3+3)カテゴリー
  ・基本能力6カテゴリー
    思考能力 thinking ability
    社会能力 social ability
    身体能力 physical ability
    健康能力 health ability
    芸術能力 artistic ability
    娯楽能力 entertainment ability
  ・複合能力
  ・能力カテゴリーのメリット
    重要な理由その1:習得に勢いがつく(スタートダッシュ効果)
    サブアビリティ(従属能力)とは?
    重要な理由その2:習得が早くなる
    サポートアビリティ(支援能力)とは?
    1つの能力が得意であれば、他のカテゴリーに応用できる
    得意な能力をさらにUPできる
  ・能力カテゴリー間の影響
    思考カテゴリーが与える影響
    社会カテゴリーが与える影響
    身体カテゴリーが与える影響
    健康カテゴリーが与える影響
    芸術カテゴリーが与える影響
    娯楽カテゴリーが与える影響
◯3章 【思考する方法】作戦を立てる
 ▼思考の誤解を解く、罠からの解放
  ・過信の罠を回避する
  ・やればできる、ただやっていないだけ
  ・「本を読んだだけ」では何もできるようにならない
  ・「恐怖」の罠を回避する
  ・プチ習得
 ▼能力を具体的にする(具体的思考力)
  ・3つの「分ける」
    分解
    分割
    分類
  ・WH (What と How)
  ・思考プロセスの3ステップ
    1.アイデアを思いつく
    2.書き出す
    3.整理する(分類と階層化)
◯4章 【行動する方法】自分を動かす
 ▼行動の誤解を解く、罠からの解放
  ・やる気を出そうとしてはいけない
  ・プチ行動リストを作る
 ▼【MPを守る】心への攻撃からエネルギーを守る
  ・連続量をへらす
  ・興味や感情とリンクさせる
  ・行動を入れかえる(replace action)

 ▼【MPを回復する】短期的(数分~1日)にMPを増やす
  ・睡眠でMPをフル回復する
  ・睡眠によるMP回復で気をつけること
  ・MPを回復してから寝る
  ・短時間睡眠でもMPは回復する
  ・MPを少しずつ回復する方法
  ・栄養をとる、空腹を満たす
  ・体温を適切に保つ
  ・笑う
  ・ワクワクする

  ・MP回復力に関する共通点
 ▼【ダークサイド】批判に対して準備する
  ・ダークサイド攻撃に対して準備する
  ・ダークサイドに落ちてはいけない
  ・ダークサイドに耐える限界
  ・ステージ別ダークサイド攻撃の例
  ・ダークサイドまとめ
  ・能力レシピを修正する(行動プロセス)
◯5章 【継続する方法】続けて習慣にする
 ▼継続の誤解を解く
  ・「ツラくて続かない」を解決する
    負荷がツラい(行動量)
    ツラくなければ成長しないという誤解
    ツラくない適正量を設定する
    毎日続けるのがツラいを解決する(連続行動期間)
    毎日やらなければならないと考えただけでMPが削られる
    解決策
    長期間続けるのがツラい(長期行動期間)
    解決策【プチ継続】1週間だけなら続く!
  ・「忘れてしまう」を解決する
    忘れずに続けるための絶対条件
    思い出すためにトリガーを設定する
    MPを考慮してトリガーを設定する
    行動を具体的にする
    種目を絞る
    図、写真、動画をトリガーに設定する
    短期的には緊急でも重要でもない

    やりたいことが多すぎるから続かない
    飽きてしまうから続かない(効果を実感できない)
    ステージを変えて飽きるのを防ぐ
 ▼ポイントテーブル(「ツラい」も「忘れる」も防ぐ究極の継続法)
  ・具体的数値で経験ポイント設定する
  ・抽象的な印象数値でポイント設定する
  ・経験ポイントが「ツラい」も「忘れる」も防ぐ理由
  ・達成感を繰り返す
  ・経験ポイントで「続く」理由
  ・ポイントテーブルにはコレを書く
◯6章 能力UP実践応用
 ▼心に優しい読書能力UP
  ・すでにあなたは読書家です
  ・拒否感を減らす
  ・読むのではない!見るのだ!
  ・全部読む必要はない
  ・WEBの情報だけで知識力UPするのは難しい
  ・見るだけ読書法
    自分に質問してキーワードを覚える
    記録する
    思い出す
    プチ行動、プチ習慣
  ・読書力レベル
 ▼勉強時間を1/5にする試験勉教法
  ・すでにあなたは勉強家です
  ・曖昧さを減らし、範囲をしぼる
  ・本当の能力?真の能力?
  ・記憶が先、理解は後からついてくる
  ・覚えているってどうゆうこと?
  ・記憶するためのシンプルな方法
  ・MPを消費しないで覚える
  ・少しずつ記憶する方法(単語分解記憶法)
  ・言い換える(仮名漢字変換記憶法)
  ・自分の得意感覚(VAK)で覚える
    どうすれば自分の得意感覚がわかるのか?
    得意感覚は1つに絞られない
    五感全てを利用する?
  ・問題集は解答を見ながら解く
  ・全問繰り返し解く
  ・できることを繰り返して楽しくなる
  ・実際の勉強プロセス
    型を使って自分流を作る
    記憶問題しか通用しなのではないか?
  ・著者自ら実験
    司法試験合格や、TOEIC満点じゃないのかよ!
   ◯なぜ2ヶ月なのか?

本にない追加予定記事
 ▼【MPを守る】心への攻撃からエネルギーを守る
・脳内メモリをクリアする
・常駐プロセス(常駐タスク)とは?
・なぜ常駐プロセスを削除する必要があるのか?
・ワイドレンジとナローレンジ(広い範囲と狭い範囲)
・マルチタスク能力を習得するにはどうすれば能力いいのか?
・期限を設定しない
・重要性よりMPを優先する
・行動を省く
・効率的と生産的を比べる

能力UP法とは?

学習法と考えてもらっても構いません。能力UP法とした理由は、学習法だと勉強だけだと勘違いさせてしまうからです。多くの方が学習=勉強と考えています。実際は学習とはあらゆることに適用できるのですが、勉強に対するイメージが強いようです。Abiltは勉強もスポーツも人間関係もあらゆる能力を向上させることができます。ですのであえて「能力UP法」としました。

書籍の内容に対するご意見ご質問はこちらにお願いいたします。


生涯学習ランキング