【サッカー日本代表の監督能力】西野監督の監督能力について

サッカー日本代表が2018年のワールドカップにおいて決勝トーナメントに進出した。

話題の出来事は予選リーグを1勝1分で迎えた第3戦に起こる。

日本チームは残り20分近くから、負けているにもかかわらず自陣でパス回しをして負けを確定させたのだ。

しかし、それには理由がある。今大会から導入された「フェアプレー制度」により、同じ時間に行われているセネガルが1点差で負けるならば、日本チームは1点差負けで決勝トーナメントに進出できるとわかっていたからだ。

“【サッカー日本代表の監督能力】西野監督の監督能力について” の続きを読む