[記事評] 集中力は集中してつける

https://toyokeizai.net/articles/-/241792

記事の中で筆者は「集中力がないから集中力をつける」ことを否定しています。

Abiltでも全く同意見です。

Abiltでは「集中力」というような大きく抽象的な扱いはさけます。

もし集中力という言葉を使うのであれば、「数学を勉強する際の集中力」のように何をしているときの集中力かを明確にします。

“[記事評] 集中力は集中してつける” の続きを読む

子供の学習力UP by Abilt その1

複数回にわたり、Abiltの考えで子供の学習能力を向上させる方法を考えます。

Abiltの話をすると、ご自分のこと以上に子供のために(Abiltの考え方)を使いたいと思われる方が多いようです。現在もいくつかアドバイスを求められています。筆者に子供はいませんが、それでもAbiltの考え方は子供の学習能力UPに大きく寄与すると確信しています。

理由は

1.能力習得法は大人も子どもも関係ないから
2.心に優しい方法は子どもにも求められている
3.Abilt理論は、もともと子どもを対象として作られたから

それぞれ考えていきましょう。

“子供の学習力UP by Abilt その1” の続きを読む